一枚板天然木でこだわりの無垢材家具 職人によるダイニングテーブル・椅子等の手作り家具 オーダー家具の製作・販売

同じ産地や樹種であっても1本として同じものはありません。
育った環境や土壌によってそれぞれ個性や癖があります。
当工房では市場にある何千本もの中から最良なものを求めて
仕入れを行っており、真冬の氷点下それも屋外での仕入れに
なりますが寒さと戦いながらじっくり選別をしています。
直径が1メートルを超える丸太の性質を見極め、切る方向と
板になる形をイメージしながら製材を行っていきます。
ここで間違えると大切な木が1本すべて無駄になるので、
何度も確認を行い慎重に作業を進めていきます。
その後防虫加工(主成分は目薬と同じものです)と割れ止め、
桟積みを行って天然乾燥をしていきます。
乾燥は樹種、板厚によって変わりますが、天然乾燥を3〜6ヶ月
行っております。
その後、高周波真空乾燥機に入れ、含水率を均等にすると
同時に11〜12%前後にまで乾燥を進めています。
この高周波真空乾燥機は現在の木材乾燥の中では
最も進んだ乾燥方法の一つで、密閉出来る大きな容器に
木材を入れ、容器内の空気を真空に近い状態にし、
高周波(電気)を材料に流すことで37〜8度ぐらいで水分を
蒸発させ材料表面と内部を一度に乾燥させる方法です。
これは一般的な乾燥機よりも費用がかなり割高になりますが
材料にこだわりが強い分、妥協せずに行っております。
通常は温度を70度ほどに上げるか除湿をしながら40度ぐらいで乾燥させますが、これでは材料の割れや反りが起こりやすく結果的には歩留まりが悪くなり価格に反映しなければなりません。ですから、この乾燥方法が木にも人にも最も優しい方法だと考えています。
市場には天然乾燥だけで製品にしているものもあるようですが、それでは含水率が15%ぐらいが限界だろうと思います。真空乾燥に比べ天然乾燥では含水率に3〜4%の差がありますが、その差が板の運命を決めると言っても過言ではありません。ここが私のこだわりで、この差を例えていうなら真水と海水(塩分濃度は約3%)ぐらいの差があると思ってもらえればお分かり頂けると思います。最近の住宅は高気密、高断熱な仕様が多いので、天然乾燥だけではお客様にお届けした後、大きなトラブルになると考ております。その後、材料に1ヶ月の休息を与えて、ようやく天板として加工できるようになります。
ここまでの作業で多くの費用と時間、労力をかけても一枚板として使えないものがかなり出てきます。ですからお客様にお届けできる数はおのずと限られてしまいますが、私のポリシーとして手間と時間をかけて選び抜かれた板だからこそ一生使っていく価値のあるものだと思っています。
板の幅が広くなるほど乾燥の段階で割れや反りがきつく出る傾向があります。それが原因で割れたものであっても一枚の板として生かせるものは割れの形に埋め木を施し、契(ちぎ)りを入れています。埋め木は天板と同じ材料を使うので見た目に違和感が無く、木の膨張収縮などの変化に柔軟に対応できるので、価格的には材料価値の低下分以上に加工費がかかりますが一枚でも多くの板を生かしたい気持ちで手間を惜しまず製作いたしております。また樹脂やパテなどを安易に使わないことで長期的にはお客様の利益にもなると考えています。
木製家具の製作において木組みは必要不可欠なものです。ただ木組みであれば何でも良いというわけではなく、それぞれ適所に効果的に使うことが求められます。そのことを私は修行先で教えられました。
プロとしての木組み、材料寸法と木組みの関係、材料の硬さによって効かせる方向と強さの調整など雑誌や教科書、学校では知ることの出来ないプロの職人感覚を駆使し、高い精度と強度のある製品を制作いたしております。見た目が同じであっても作る人が変わればまったく違うものになるということを皆様に知っていただきたいと思っております。
手作りを名乗る以上、最後は手ガンナ仕上げにこだわっています。機械で削った後は綺麗に見えても木の繊維がバラバラにほぐれてしまっています。そのまま仕上げを行ってもいずれざらついてしまい、天板表面の汚れを加速させることになるので、ほぐれた表面をよく研がれたカンナで薄く削り、木そのものが持つ本当の美しさが見えてくるまで何度も刃とぎをしながら仕上げています。機械で削った後、すぐにサンドペーパーでの仕上げをするところも多いようですが、それでは木が吸湿したときに材料表面が毛羽立つことがありますので、手間はかかりますが手ガンナの仕上げとしております。価格を第一と考えれば上記のことは出来ないことですが、手を抜いてしまえば良い結果は出てこないので、どこをとっても手を抜くことはできません。

以上のことが私の職人としてのこだわりです。

家具工房 せお
奈良市都祁白石町1113
TEL/FAX 0743-82-2341
| トップページ | 特定商取引法に関する表記 | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトマップ |
Copyright(C) 2008 kagukoubou seo All right reserved.